乳がんは早めの発見が最も大事|早期発見が完治のキーに

病院

乳がんと保険

病院

乳がんは女性に多い癌の種類で、発症すると切除する必要が出てくる可能性もあります。有効的な治療法はいくつかあり、治療する時はがん保険を用いると負担を低減させることが出来ます。

詳しくはコチラ

近年の医療事情

難しい手術とされている脳腫瘍はこちらの病院に任せましょう。知識や経験を多く持っている医師が手術してくれます。

最先端の癌の治療法として注目を浴びている免疫療法について知りたい方は、こちらのサイトをチェックしてみてください。

早期の場合には乳房温存手術が選択されるようになってきているのです

先生

これまでの乳がん手術では、早期がんの場合にもリンパ節を含めた広範囲を切除する全摘手術が行われる傾向にありました。こうした手術の場合には後に部分的な後遺症が残ることもあり、時に問題とされてきたのです。その後様々な研究から乳がんの早期の場合には、部分的な切除に留めても生存率には影響がないことが分かってきたのです。そのため、現在では転移のない早期の乳がんの場合には可能な限り乳房温存手術が選択される傾向にあります。乳房を残した場合には、若干再発の可能性は高まりますが、現在では放射線療法や化学療法などを併用することで、再発のリスクを抑える方法がとられているのです。乳房再建術も広く行われるようになっており、患者の様々な負担を軽減する取り組みがされています。

患者本人の希望が反映される治療が増えていくと考えられます

現在では乳がんに様々なタイプがあることが分かってきています。女性ホルモンの影響を多く受けるタイプの乳がんもあり、時にホルモン療法などが選択されることもあるのです。新たに承認される乳がん治療薬も続々登場しており、治療の選択肢は広がっていると言えるでしょう。最近では、遺伝子検査などを用いて薬の効果を予測する方法もとられています。このような遺伝子検査では、後の再発リスクについてもある程度知ることが出来るため、手術後の治療法を選択する上でも大いに活用されているのです。こうした状況の中、今後は患者自身が治療の選択を迫られるケースも増えていくと予想されます。

初期で発見する

診察

乳がんは女性の体に現れるガンとなります。自分でガンに気付ける方法はありますが、定期的な検査を受けることで初期の段階で発見できます。初期で発見できることで転移する恐れがありません。

詳しくはコチラ

工夫で完治

病院

乳がんは早期発見をすることで完治が期待できるがんです。セルフチェックで常に手に取り、しこりや異変が合った時は検査を受けることが大切です。重症化するとリンパに転移しやすくなります。

詳しくはコチラ

Copyright©2015 乳がんは早めの発見が最も大事|早期発見が完治のキーに All rights reserved.